ポリフェノール乳酸菌生産物質がサプリになるとどうなのか?

ポリフェノール乳酸菌生産物質のサプリメントが粉末状ではなくタブレットとして発売され、さらにその効果効能が期待されます。

乳酸菌生産物質はドリンクのものが一番多かったように思いますが、タブレット状になった事でさらに飲みやすくなった、と感じる方も多いのでは?と思っています。

ポリフェノール乳酸菌生産物質,サプリメント,タブレット,効能,効果,乳酸菌生産物質,乳酸菌発酵ぶどう,ペトラウメカ,植物インシュリン,生活習慣病,肥満,便秘,血糖値を下げる,高血糖,免疫力低下,糖尿病,食事制限


さて、ポリフェノール乳酸菌生産物質タブレット状のサプリの特長とは?

ポリフェノールの吸収力が高い

乳酸菌発酵ぶどうであるポリフェノール乳酸菌生産物質は、生のブドウより20倍ぐらい高いようで、ポリフェノールの効果効能が期待されます。

ペトラウメカ葉エキスが配合されている

ペトラウメカは別名「植物インシュリン」と呼ばれ、糖質吸収阻害成分として知られています。

乳酸菌の数が圧倒的に多くなった

ドリンクからタブレットにする事で、乳酸菌の数を多くすることができた、との事です。

以上3点が挙げられます。


ポリフェノール乳酸菌生産物質が血糖値を下げる、他生活習慣病全般の改善に期待される事について大変分かりやすい図がありました、下記の通りです。

引用元→http://nyusankin.ws21.jp/3-set-pitari.html

ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果,ポリフェノール乳酸菌生産物質,サプリメント,タブレット,効能,効果,乳酸菌生産物質,乳酸菌発酵ぶどう,ペトラウメカ,植物インシュリン,生活習慣病,肥満,便秘,血糖値を下げる,高血糖,免疫力低下,糖尿病,食事制限


当ブログでは、善玉菌を増やす事によって、肥満や便秘等が改善されていく事と同時並行で血糖値が下がる、抑制される効果が期待できる、と僕の解釈を書かせていただいおります。

高血糖や肥満や便秘や免疫力低下は、それぞれ単独ではなく、全体で改善していく事が効果が大きいのでは?と考えています。


その事をシンプルに説明した図だと思っています。

【では、何故善玉菌が増えるのか?】

ポリフェノール乳酸菌生産物質は「乳酸菌発酵ぶどう」の事で、乳酸菌が増殖する過程に作り出される代謝産物である



つまり生きている菌ではない!



生きている乳酸菌は実は、胃液や胆汁などの酸に弱いため腸に届く前に多くが死んでしまう



それに比較して、生きた菌ではないポリフェノール乳酸菌生産物質は腸に届く



又、腸内に元々あった乳酸菌(善玉菌)を増殖させる


以上のように僕は理解しています。


さて、高血糖や糖尿病の治療から薬を飲んでらっしゃる方も多い、と思いますが、

【処方薬と併用できる】

これは、ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリが消化吸収を良する為のもので、薬ではない事から僕は大変納得しています。


ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリを習慣として摂取する事によって、善玉菌が多く存在する腸内環境の体質を創ることによって、

食事制限なしで、

好きなものを、

皆と同じ食事を皆で食べることができる・・・



そんな効果が期待できる、という事のようです。







サイトマップ-血糖値を食後に下げるには?

トップページ-血糖値を食後に下げるには?

ポリフェノール乳酸菌生産物質 効果効能 血糖値

イヌリン 効果効能 糖尿病

菌活するなら【天然美通】ポリフェノール乳酸菌生産物質,サプリメント,タブレット,効能,効果,乳酸菌生産物質,乳酸菌発酵ぶどう,ペトラウメカ,植物インシュリン,生活習慣病,肥満,便秘,血糖値を下げる,高血糖,免疫力低下,糖尿病,食事制限



食後の血糖値が200で高くなると隠れ糖尿病?

食後の血糖値が200ぐらいまで高くなる食後高血糖の人は「隠れ糖尿病」として注意が必要と、

千葉大学医学部附属病院糖尿病コンプリケーションセンター長の横手幸太郎教授が提言している記事から書かせていただきます。

参照、引用元→http://www.zakzak.co.jp/health/disease/news/20140927/dss1409271000001-n1.htm

食後,血糖値が高い,200,糖尿病,食後高血糖,空腹血糖値,インスリン,食事制限,ヘモグロビンA1c,HbA1c


これによりますと、食後に血糖値が200以上に上がって、空腹時には正常に戻る人が、

空腹血糖値が100未満だから正常と考えるのは良くない、と。

【関連記事】



スポンサードリンク






続きはこちらから。
posted by 椎名 at 23:38 | 血糖値が高いと? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヌリンの効果、紅菊姫は白い菊芋より期待できる!?

イヌリン、紅菊芋なる血糖値を下げる効果が期待できる食品とその成分について書かせていただきます。



イヌリン,血糖値を下げる,効果,天然のインスリン,紅菊芋,紅菊姫,菊芋,キクイモ


天然のインスリン100%の野菜、という事なのですが商品名は「「大子町の紅菊姫パウダー」で、イヌリンを多く含むとされている天然の菊芋(キクイモ)と違って、

大学での研究で血糖値の上昇を抑制することが証明された品種の菊芋「フランス紅菊芋」のパウダーとの事です。

イヌリン,血糖値を下げる,効果,天然のインスリン,紅菊芋,紅菊姫,菊芋,キクイモ


キクイモについては少し聞いたことがあるのですが、その他の用語についても一度整理したい、と思います。

参考→イヌリン ウィキペディア

続きはこちらから。

血糖値は食後2時間の値にこだわる!?

血糖値が食後2時間で140mg/dlを上回る場合を「食後高血糖」としているようです。

食事の摂り過ぎや運動不足によって、インスリンの分泌量が減った、又はインシュリンの働きが悪くなった事が原因です。

血糖値が高い事には変わらないのですが、何故食後の血糖値を別に考えるのか?という事ですが、僕の解釈で恐縮ですが、食後2時間の値を目安として、食後に血糖値が高いと一日を通じて血糖値が高くなりやすくなる、つまり、高血糖、糖尿病への明確なサインになるから、と考えています。

血糖値,食後,下げる,2時間,満腹感,食事,方法,インスリン,インシュリン


主治医にも云われた事ですが、食後の血糖値だけを殊更に気にするのではなく、一日の生活全体を通して血糖値を下げるように、食事、運動、ストレスと生活習慣をケアすれば良い訳なのですが、
続きはこちらから。
posted by 椎名 at 11:19 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリのポリフェノールと血糖値って?

ポリフェノールが血糖値を下げる、といわれる効果効能についてまとめてみました。

ポリフェノールには抗酸化作用や抗菌作用、ストレス抑制、血圧降下作用、肝機能の向上、女性ホルモンバランスの調整などにも関係しているといわれています。

ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値を下げる,効果,効能,血糖値,ポリフェノール,血糖値を下げる食品,ブドウ,血糖値を下げるには,サプリメント,タブレット,糖質制限,食事制限


中でも糖質の吸収抑制効果もあるといわれ、この働きが血糖値を下げることに関係しているとされています。

参考、出典→http://www.kettouchi.info/porifeno-ru.html

ポリフェノールの種類にはイソフラボンやカテキン、アントシアニンなどはあります。



●カテキン

カテキンは活性酸素の消去やコレステロールの上昇を抑える作用があるともいわれており、緑茶やウーロン茶、紅茶等に含まれています。

僕は30代の頃発売されたペットボトルのカテキン緑茶にいち早くとびつき、で脂肪を燃焼してきた・・・正確には脂肪を燃焼し痩せた気になっていた経験があります。

実際はそんなに効果がなかったのですが、運動をして汗をかいた後に冷えたカテキン緑茶を飲むと、体重も少しだけ減っていたような記憶もありますし、何よりカテキンの効果なのか?ご飯の食べる量が自然に減っていた、それぐらい満腹感を早く感じるためのものでありました、

では何故、効果がなかったのか?なのですが、当時は今ほど切迫した感じではなかったので、カテキンで安心して爆食いしていたからです(笑)。

●アントシアニン

抗酸化物質であり、血液浄化や目の疲れに関係すると云われており、ブルーベリーやイチゴ、ブドウ、黒ゴマなどに含まれています。

●クロロゲン酸

ダイエットコーヒーで知られているポリフェノールの一種で、これも血糖値を安定させる効果があるといわれています。

ポリフェノールが注目されるようになったのは、フランス人の死亡率の話から、との事です。

参考、出典→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1237584592

フランス人は脂肪分(動物性脂肪やチーズなど)を多く摂取しているにもかかわらず心臓病、脳梗塞や動脈硬化で死亡する率が低い事からフランス人に馴染み深いワインが注目され、その中の成分であるポリフェノールが動脈硬化などに効果があると発表されたから。


血糖値を下げるには、ポリフェノールの中でもアントシアニン、ブドウが一番効果期待できそうです。

さて、ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリメント(タブレット)。

血糖値を下げる効果が期待できるブドウのポリフェノールを吸収しやすくしており、

乳酸菌生産物質は乳酸菌より腸に定着しやすく腸内環境の改善に効果が期待され、

腸内環境の改善は血糖値を下げる事為に不可欠な要素で、同時並行で進めて効果を大きくする、

と僕は理解しています。

もう若い時みたいに爆食い、爆飲みはしませんが、食事制限や糖質制限の頻度は下げて、好きな物を食べていきたいですから、ね。



ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値を下げる,効果,効能,血糖値,ポリフェノール,血糖値を下げる食品,ブドウ,血糖値を下げるには,サプリメント,タブレット,糖質制限,食事制限







ポリフェノール乳酸菌生産物質

サイトマップ-血糖値を食後に下げるには?

トップページ-血糖値を食後に下げるには?

ポリフェノール乳酸菌生産物質 効果効能 血糖値

イヌリン 効果効能 糖尿病

菊芋の効能効果 糖尿病

続きはこちらから。