血糖値下げるにはどうしたらいいですか?運動編

血糖値を下げる為に日々の生活で取り組んだ方が良い方法をカテゴリに分けるとするなら2つのカテゴリがあります。

血糖値を下げるには?カテゴリ1.運動、2.食事です。

今回は、血糖値を下げるには?運動についてです。

血糖値を下げるには、運動と食事で取り組める方法があり、糖尿病など生活習慣病予防に関しても重要です。体重も増え、カラダが重くなってしまって、内勤が長くなって筋力が落ちてきたら、なかなか激しい運動を長時間する事はできません。

健康に気を使わざる負えない状況になっているのですが、気分的にも運動なんて無理・・・運動に対して拒否反応を示してしまう、それがお腹がでてしまった中年男の現状です。

女性のダイエットでも「無理しないダイエット」「食べながらダイエット」みたいな「苦労」をしない方法が人気のようですが、その気持ちは大変よく分かりますね。

しかし、ウォーキングはやっています。

ただ歩くだけで、走ったりはしません・・・っていうか走る気力はありませんが、歩く、特に天気の良い日に歩くのは気分も良いです。

この事を同世代、もうすぐ50歳になる仲間に話すと、マラソン大会に出ているような毎週スポーツを欠かさない者からは大笑いされます。

でも、血糖値を下げるには、軽い運動で良い、むしろ軽い運動で継続する方が良い、と言われています。

有酸素運動であれば、血液中の糖分を燃やすので血糖値を下げる事になる、という仕組みです。

ALA アラによって代謝されにくくなった糖を燃焼させる事で血糖値を下げる事が期待されていて、個人的には効果を感じていますサプリ、糖ダウンのメカニズムと同じ内容です。

⇒糖ダウン体験口コミについてはこちら 

膝や腰を痛めている場合で歩くことができないのであれば、水泳やエアロバイクなど身体に負担をかけにくい運動で、とにかく「有酸素」な運動であれば良い、という事ですね。

運動の激しさや量よりも継続する事、最低週に3日〜5日ほどはやる方が良い、との事だそうです。

有酸素運動の効果が発揮されるのは運動開始から20分後といわれているので、30分〜1時間程度やれば良い事になります。

血糖値が高めと言われて、下げるには運動が良い、それも歩く程度で良いから軽めでも継続する方が良い・・・というのは僕には大変好都合です。

糖ダウンを始める前から続けている通勤時の「プチウォーキング」は良い結果を生んでいるようです。

糖尿病 血糖値を下げるには
血糖値を下げるには 食事
空腹時血糖値を下げるには
食後血糖値を下げるには
空腹時の血糖値を下げるには

ala 菊芋の効能効果 糖尿病 ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果効能


posted by 椎名 at 23:57 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする