菊芋の効能効果と食物繊維と糖尿病。

菊芋に期待されている効能効果食物繊維糖尿病について。

菊芋は自然食品で菊芋粉末パウダーや菊芋サプリメントは健康食品です。

菊芋の効能効果と食物繊維と糖尿病。


薬ではありませんので万人への効果や、特定の健康不良や健康不調への効能があるものでもありません。

しかし、逆に薬ではありませんので、基本的に処方される薬と併用しても良いですし、薬のような副作用も考えにくいです。

それでも主治医に聞いてみてからサプリメント・健康食品は使った方が良いでしょう。

サプリに対して医師の一番良くあるパターンは「特に進めることもないが、禁止する、という事もない」かな?と個人的には思っています。

先日付き添いで病院の診察に行った時の話です。

病院の外来においてあった大正製薬の糖尿病に関する患者やその家族向けのパンフレットを見て、少し驚きました。

それは「・・・血糖値をコントロールするには食物繊維をたくさん摂りましょう・・・」みたいな内容です。

そこには特保として「大正製薬のグルコケア」に見えるイラストがありました(笑)。

製薬会社で、病院に来る人向けのパンフレットなので、いくらトクホでもおおっぴらに宣伝はできない、という事でしょう。

ですので、ハッキリ明記していないのですが明らかにグルコケアの外箱に見えるのが面白かったです。

さて、菊芋の効能効果食物繊維についての話に戻ります。

大正製薬だからという事を差し引いても、病院に設置されたパンフから「食物繊維と糖尿病」の関係が大きい事が分かります。

「食物繊維」は血糖値の上昇、血糖値を下げることに良い影響を与える、だからしっかりと摂りましょう!という事です。

そうです。

菊芋、菊芋イヌリンは食物繊維のかたまり、といって良いでしょう。

菊芋粉末バウダー「紅菊姫」を経験された方の多くは、使い始めてすぐに快便快調!を感じています。

菊芋の効能紅菊姫.png


これこそ、食物繊維のなせるワザ、と推測されます。

菊芋が、糖尿病や血糖値の関係について学会で発表される前に口コミで広がったのもこの「食物繊維」の事からです。


菊芋は年間通じてコンスタントに確保する事ができない

調理する必要もある

簡単に食事に摂りいれられないと継続できない

美味しくないと継続できない・・・



これらの菊芋の問題点を解決したのが、菊芋粉末パウダーです。


不足している食物繊維を効果的に継続して摂る事が糖尿病や高血糖に良い影響がある、という事なら紅菊姫は最適な天然自然食品の一つです。








菊芋の効能効果と糖尿病は?


血糖値を食後に下げるには?-サイトマップ
血糖値を食後に下げるには?-トップページ