血糖値を下げる食品の共通点とは?

血糖値を下げるのに役立つ、と言われている食品には共通点があります。
その共通点から食品、健康食品をまとめてみました。

スポンサードリンク







糖類を含まない



そもそも糖質として吸収されるような成分を含まないものが、継続して食べていく事で血糖値を下げる事に作用する、といわれています。

野菜は基本的に糖類は含んでいません。

とはいえ、芋類やトウモロコシや根類の野菜は糖類を含みますので注意が必要です。

当サイトで粉末パウダーとして紹介している菊芋(芋と名前についていますが芋類ではありません)も糖類、糖質は一切含みません。




食物繊維を多く含んでいる



コンニャクやキャベツ、いんげん豆など食物繊維を多く含んでいる食品も血糖値を下げる事に関係する食品です。

食物繊維は糖分の吸収を穏やかにする為に、急激な血圧の上昇、食後高血糖を抑える作用があります。

当サイトで紹介していて糖尿病治療中の母がとても良い、と思っている菊芋粉末パウダーにはイヌリンという水溶性食物繊維が含まれています。

>>菊芋粉末の体験口コミはこちら



血糖値を下げる成分を含んでいる



血糖値を下げる成分、又はインスリンの働きを助ける成分を含んでいるものとしては、たまねぎ、キノコ、アボガド、ブロッコリー、納豆、豆腐(イソフラボン)、オクラがあります。



DHA・EPAを含んでいる



DHA・EPAは血液をサラサラにする成分など、厚生労働省も健康の為に1日の目安摂取量を決めている健康成分です。

生活習慣病全般、そして血糖値に関しても良い、とされている成分で青魚に多く含まれている成分です。



糖の燃焼、代謝を促進する成分



アミノ酸の一種であるALA(アラ)という成分が最近簡単に抽出できるようになりました。

この成分は代謝が衰えて糖質を過剰に吸収しがちな中高年の糖質の燃焼を促進する成分として注目されています。

この結果食後高血糖や隠れ高血糖などに作用する機能性表示食品があります。

糖サイトでご紹介している、アラプラス糖ダウンです。

血糖値を食後に下げる、その方法が「糖質を吸収しない」ではなく「糖質を燃焼させる」という独自の内容ですのでALA(アラ)は注目されています。

>>糖ダウン体験口コミはこちら






スポンサードリンク








posted by 椎名 at 11:30 | 血糖値を下げる食品や食事まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。