血糖値を下げる成分、比較簡単まとめ。

血糖値を下げる成分として期待されているもので、これまで当ブログで取りあげてきたものを一覧で比較してみました。

スポンサードリンク






ALA アラ



ALAは「5アミノレブリン酸リン酸」と呼ばれる成分で体内で作られる成分です。

年齢と共に減少する成分である事から食品として体外から摂取する事が求められます。

食品としては、味噌や黒酢、緑黄色野菜にも多く含まれています。

ALAは糖の燃焼を促す働きがあり、それによって糖質が余分に体内に吸収されない事から血糖値を下げる、と期待されています。

>>記事はこちら




イヌリン



菊芋に多く含まれています水溶性の食物繊維です。

腸内で酵素によって分解されて吸収されない事から、糖分が余計に吸収されない事から血糖値を下げる、と期待されています。

又腸内の余計なものや脂肪分を体外へ排出する事も期待されています。

>>記事はこちら




ポリフェノール乳酸菌生産物質



腸内に定着して腸内環境を改善する乳酸菌生産物質と抗酸化作用が期待されていますポリフェノールで構成される成分です。

腸内環境が改善される事から、余分な糖質が吸収されない、という仕組みです。

>>記事はこちら




ネオコタラノール



ネオコタラノールは、天然植物サラシアキネンシスの樹木に含まれる成分です。

ネオコタラノールは腸内酵素の働きをブロックして糖質が体内に吸収されにくくし、その事で血糖値を下げる作用が期待されています。

>>記事はこちら




田七人参




田七人参は成分というよりも食品そのものです。

中国雲南省を中心に環境の厳しい高山にのみで生育している、黒褐色のウコギ科の多年草です。

血液をサラサラにするサポートが期待されているサポニンを高麗人参よりも多く含んでいます。

血液の流れを良くする作用から、糖質を多く含んでいて高い血糖値に対しても効果が期待されています。

>>記事はこちら




大豆発酵熟成エキス




ヨーグルトなどの動物性乳酸菌ではなく、大豆による植物性乳酸菌です。

腸内環境の改善から便通の改善、そして血糖値を下げる方向に期待されています。

>>記事はこちら





スポンサードリンク








血糖値を食後に下げるには


posted by 椎名 at 23:33 | 血糖値を下げる食品や食事まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。