糖尿病と糖代謝について。

糖尿病、糖代謝について書いています。

参考

糖代謝とは、エネルギーとして使われる&蓄えられる、をして一定の血糖値を保つための一連の動きについて使われる言葉です。

食事で取って消化分解されてブドウ糖はインスリンというホルモンによって、全身の各臓器に送られ、エネルギー源として取り込まれ、使われます。

同時に、余ったエネルギーは、肝臓や筋肉などに蓄えられ、エネルギー不足時に備えています。

肝臓や筋肉に蓄えられたエネルギーが少しずつ血液中に放出されることで、一定の血糖値を保ちます。

この一連の働きが「糖代謝」です。

次に「糖代謝異常」と診断された場合、どうすればいいのか?について、です。

まず、糖代謝異常の程度です。

軽い糖代謝異常ならば、食事を改める、運動等によって改善が期待できます。

この食事や運動による改善は、高血糖が進み、「糖尿病」と診断された場合でも必要です。

そして肥満の場合は減量による治療が加わります。

インスリン治療等の投薬治療と並行して必ず必要なのがこの食事の改善と運動です。

また、低血糖症の場合も食事などによって血糖値をコントロールすることが必要です。


糖質が正常に代謝されなくなる・・・

若い頃にはそんな事なかったのに、って思います。

年齢とともに起こってくる事なんですね。






ala 糖ダウン 効果口コミ 菊芋の効能効果 糖尿病 ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果効能

血糖値を食後に下げるには サイトマップ




posted by 椎名 at 23:57 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする