血糖値を下げるには、腸内環境の改善が必須。

血糖値を下げるには、腸内環境の改善が必須。

血糖値を下げるには、肥満や便秘を解消し腸内環境の改善が同時に必要、

高血圧、肥満、便秘は三つ巴で同時並行で改善していく事が大変重要です。

ポリフェノール乳酸菌生産物質物質.png

血糖値を下げるには,血糖値,下げる,肥満,便秘,免疫力

●一言で云うと何故三つ巴で改善していく事が重要なのか?



肥満や便秘の解消、つまり腸内環境を改善するという事は善玉菌を増やす事です。

善玉菌が増えると血液がサラサラになっていきます。

血液がサラサラになりますと血糖値が下がる傾向になります。

血液がサラサラになった状態では白血球を増えますので、免疫力が高まります。

免疫力が高まった状態では血糖値は下がる傾向になります。


以上のように書かせていただきましたが、血糖値と腸内環境が密接に関連しているのがお分かりいただけますでしょうか?

どちらかだけが改善されれば良い、というのではなくどちらも同時に改善していく必要があります。


●バランスの崩れた悪化した腸内環境とはどんな状態?


悪玉菌が多くその影響で血液が汚れドロドロの状態になっています。

同時に白血球数が減少しており免疫力が低下しています。

つまり、血圧が高くなり血糖値も高い状況を作りだしています。

善玉菌が多く腸内環境が良い状態の時と同じで、血糖値と腸内環境が密接に関係している事になります。


●ポリフェノール乳酸菌生産物質が何故良いのか?


ポリフェノール乳酸菌生産物質は、血糖値と肥満や便秘などの腸内環境の両方の改善を同時並行で大きく助けるものです。

ポリフェノール乳酸菌生産物質は、生きた乳酸菌ではありません。

しかし、発酵過程で新たに作り出されたさまざまな「乳酸菌生産物質」(オリゴ糖、有機酸、アミノ酸、ペプチドなど)が豊富に含まれています。

そして最近の研究では、生きた乳酸菌を摂るよりも乳酸菌生産物質を摂るほうが、腸内の善玉菌を活性化させたり、免疫力の増強に直接働いたりして、腸内環境の改善に効果を発揮する、とされています。

乳酸菌生産物質の方が腸内細菌として定着する、と云われています。

又ポリフェノール乳酸菌生産物質はポリフェノールが体内に吸収されやすくなっています。

ブドウの皮には本来ポリフェノールが多く含まれているのですが、種や皮が体内ではほとんど消化されずに排泄されてしまうのと比較して、

ポリフェノール乳酸菌生産物質はポリフェノールの吸収率が生のぶどうの果皮と比べて30倍以上もアップする、と云われています。


●まとめ

ポリフェノール乳酸菌生産物質は、善玉菌を増やし腸内に定着しやすく、又ポリフェノールの吸収率も高くなるため、血糖値を下げること肥満や便秘などの腸内環境を改善する事を同時並行で進めていく、と説明されています。

血糖値を下げるには,血糖値,下げる,肥満,便秘,免疫力,ポリフェノール乳酸菌生産物質


【関連記事】












×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。