血糖値を下げるにはポリフェノール乳酸菌はハズせない!

血糖値を下げるにはポリフェノール乳酸菌はハズせない!

血糖値を下げるには、乳酸菌の力を借りる事は絶対にハズせません。


血糖値が高くなる原因・・・偏った食生活、運動不足、ストレス等は全て腸内環境を悪くする、腸の動きや機能を悪くする事と繋がっています。


血糖値が高くなる=腸内環境が悪くなる、という理解の仕方が実は血糖値を下げる、高血糖を改善する事に直結する、と思っています。


血糖値と乳酸菌,血糖値を下げるには,乳酸菌,血糖値を下げる,血糖値が高くなる,腸内環境,高血糖,ヨーグルト,悪玉菌,善玉菌,肥満,便秘,乳酸菌生産物質,ポリフェノール乳酸菌生産物質,サプリメント


腸内環境が悪くなると、悪玉菌が増加し、ブドウ糖がうまく体内に吸収されず、血糖値が上がる、


というのがもっともシンプルで理解しやすい内容です。


このシンプルな事を踏まえて、肥満や便秘も腸内環境を悪くしている、事も合わせて考えれば、高血糖と肥満&便秘の密接な関係もスンナリ理解できます。


で、逆にして考えると、


血糖値を下げる=腸内環境を改善する=善玉菌を増やす


と、これまた大変シンプルに「血糖値を下げるには?」の解答が出てくるのではないでしょうか?


そこで、乳酸菌、です。善玉菌を増やす、乳酸菌です。


以下、下記を参考、引用させていただきました。


http://www.seikatsu-kojo.jp/column/detail.php?colNo=000190


●乳酸菌の主な働き・・・善玉菌を増やして腸内環境を改善する


・ 食物の消化を助ける

・ 免疫力の向上

・ 細菌やウイルスからの感染症を予防

・ 食物アレルギーの改善

・ がん予防

・ コレステロールの抑制


●乳酸菌が多く含まれている食品・・・ヨーグルト、チーズ、キムチ等


【まとめ】

血糖値を下げるには、乳酸菌を効率よく継続して摂取することが効果的。


さて、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の多くは、腸に届くまでには死滅してしまうそうです。


腸までしっかり届いて定着しなければ意味がありません。



そこで乳酸菌生産物質が注目されています。


発酵過程で新たに作り出されたものの総称である「乳酸菌生産物質」(オリゴ糖、有機酸、アミノ酸、ペプチドなど)は、乳酸菌よりも効果が高いことが明らかになってきました。


乳酸菌をがそのまま腸内細菌として定着することは難しく、乳酸菌生産物質のほうが、腸内の善玉菌を活性化させたり、免疫力の増強に直接働いたりして、腸内環境の改善に効果を発揮する、という事です。


又乳酸菌生産物質のサプリメント(タブレット)は、ドリンクよりも乳酸菌が凝縮されており、効率的に摂取できるようになっています。


ですので【まとめ】は、

血糖値を下げるには、乳酸菌生産物質サプリメントを継続して摂取することが効果的。


と僕は理解しています。



















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。