イヌリンの効果、紅菊姫は白い菊芋より期待できる!?

イヌリンの効果、紅菊姫は白い菊芋より期待できる!?

イヌリン、紅菊芋なる血糖値を下げる効果が期待できる食品とその成分について書かせていただきます。



イヌリン,血糖値を下げる,効果,天然のインスリン,紅菊芋,紅菊姫,菊芋,キクイモ


天然のインスリン100%の野菜、という事なのですが商品名は「「大子町の紅菊姫パウダー」で、イヌリンを多く含むとされている天然の菊芋(キクイモ)と違って、

大学での研究で血糖値の上昇を抑制することが証明された品種の菊芋「フランス紅菊芋」のパウダーとの事です。

イヌリン,血糖値を下げる,効果,天然のインスリン,紅菊芋,紅菊姫,菊芋,キクイモ


キクイモについては少し聞いたことがあるのですが、その他の用語についても一度整理したい、と思います。

参考→イヌリン ウィキペディア

●イヌリンとは?

上記参考引用から抜粋しますと下記の通り。

イヌリン は炭水化物の一種で、キク科の植物が球根に栄養源を貯蔵するための手段として使われている。

イヌリンは栄養上の性質に優れることから、食物製品に使用されることが近年増えてきている。

イヌリンは砂糖や他の炭水化物と比較して3分の1から4分の1程度、脂肪と比べて6分の1から9分の1程度のエネルギーしか含まないので、砂糖や脂肪、小麦粉の代わりに用いられることもある。

イヌリンは栄養学的には水溶性食物繊維の一種である。

イヌリンは消化されることなく胃と十二指腸を通過し、腸内の細菌にとって有益な物質となる。

イヌリンは腸内において人体に有益な細菌(善玉菌)を増やすのに貢献する。


僕はイヌリンは、善玉菌を増やす、つまり腸内に定着しやすい、という解釈をしました。

乳酸菌が消化管を通って消化されていく中で腸内細菌として定着しにくい、と言われる中、

イヌリンは胃と十二指腸を通過してしまうので、善玉菌として定着しやすい、との事です。

当ブログのテーマ、血糖値を下げるには?で、「腸内環境の改善」をキーワードとして書いています。

ですので、このイヌリンを取り上げさせてもらいました。

●高濃度のイヌリンを含む食品、食べ物

キクイモ、ダリア、ゴボウ、アザミ?、タンポポ?ヤムイモ?アーティチョーク(朝鮮薊)?チコリー?葛芋?タマネギ、ニンニク、リュウゼツラン(竜舌蘭)

?がついているのものは、僕が知らない、食したことのないもので、これらの食品は全て「高濃度のイヌリンを含む食品、食べ物」として、ウィキに挙げられていました。

特にタンポポは暖かい日差しの日に見かけては心が和むことがしょっちゅうありますが、お腹を和ませたことは一度もありませんので大変興味深いです。

●菊芋→紅菊芋→紅菊姫

紅菊姫は、日本各地で自生している丸く白い菊芋とは形状・味・成分ともに大きく異なり、久慈川と肥沃な大地に育まれた茨城県大子町産のフランス種紅菊芋の商標ブランドです。


イヌリンは乳酸菌より効果が期待できそうで、パウダー状で飲みやすいのも人気を呼びそうな感じがします。



赤菊芋粉末の体験クチコミの最新記事、過去記事はこちら。



菊芋の効能 効果 赤菊芋 粉末 口コミ

菊芋の効能 効果 イヌリン



【関連タグ記事リンク】

血糖値を下げる食品

イヌリン

血糖値を食後に下げるには?-サイトマップ
血糖値を食後に下げるには?-トップページ
赤菊芋の効能 効果