赤菊芋の効能効果を期待した体験初日。

赤菊芋の粉末「紅菊姫」の効能効果を期待して、注文していたものが昨日夕方に届きました。

国内で唯一、茨城大学農学部で研究を続け、久慈川と肥沃な大地に育まれた茨城県大子町産のフランス種紅菊芋(赤菊芋)の商標ブランドが「紅菊姫」です。

産経新聞社の通販ブランド「逸品堂」が販売しております。

外箱.jpg


外箱を開けると赤菊芋の粉末袋が入っている化粧箱は、お姫さまらしきイラストが印象的です。

商品外箱.jpg


紅菊姫、の詳細説明と小冊子が入っています。この小冊子は大変読みやすく、ご利用者の声や口コミもたくさん掲載されています。

箱を開けたら.jpg


で、赤菊芋の粉末パウダー一袋3g×30袋入ってます。

一日一袋として約一か月分、ということになります。

中箱開けたら.jpg


この紅菊姫は他の菊芋と赤菊芋とは一線を画した特徴を持っていて、その効果効能が期待されます。

先ず、血糖値を下げる、善玉菌を増やすし悪玉菌を抑制する、脂肪吸収抑制等の効能効果が期待されるイヌリンの含有量について同封の小冊子に明確に書かれています。

イヌリン一番.jpg


多ければ良いのか?と僕は思うのですが、この赤菊芋粉末「紅菊姫」は、茨木県久慈郡太子町で生産されたもので茨城大学と紅菊姫の機能性について4年間の共同研究を行ってきています。

その結果について日本農業学会で発表されたデータ(小冊子より撮影)は下記の通リです。

茨城大データ2.jpg


これらが、これまで書いてきた「糖尿病の治療薬との関係は気にしなくて良い、無農薬自然食品だから」事と合わせて、購入した理由です。

僕は、治療まではいかないにしても血糖値が高く健康診断にひっかかり、メタボお腹、そして大変疲れやすい・・・という典型的な中年男です。

又両親ともの糖尿病で母は今もインスリン治療を続けています。

そして僕は、極端な食事制限はしたくない!と思っております。

そこで、これらの理由から年がら年中食する事ができ、菊芋より効果が期待できる「赤菊芋粉末の紅菊姫」を続けよてみよう、と思ています。

今朝、先ずお茶に入れて飲んでみました。

やっぱり、という感じです。

午前中に2回「大」トイレにいき、お腹スッキリ、そのお蔭か気分もスッキリです。

決して便秘ではないのですが、紅菊姫の注意書きに

「食物繊維が多く含まれていますので、便が緩くなったら量を減らしてください。」

とあったので、当日早速その事を経験しました。

便秘がち、ではないですがお腹が張った気持ち悪さが解放されて・・・もう何年ぶりでしょう!この感じ。

とっても気持ち良い、です。

これが赤菊芋粉末の効能効果といえるかどうか?はまだまだこれからですが、

僕にとってあまりにも嬉しい変化、です。

自分の注文履歴が確認できるマイページが使えるWEB申込みが便利なので、WEBから注文しました。







赤菊芋粉末の体験クチコミの最新記事、過去記事はこちら。



菊芋の効能 効果 赤菊芋 粉末 口コミ

菊芋の効能 効果 イヌリン



血糖値を食後に下げるには?-サイトマップ
血糖値を食後に下げるには?-トップページ