糖尿病と糖代謝について。

糖尿病、糖代謝について書いています。

参考

糖代謝とは、エネルギーとして使われる&蓄えられる、をして一定の血糖値を保つための一連の動きについて使われる言葉です。

食事で取って消化分解されてブドウ糖はインスリンというホルモンによって、全身の各臓器に送られ、エネルギー源として取り込まれ、使われます。

同時に、余ったエネルギーは、肝臓や筋肉などに蓄えられ、エネルギー不足時に備えています。

肝臓や筋肉に蓄えられたエネルギーが少しずつ血液中に放出されることで、一定の血糖値を保ちます。

この一連の働きが「糖代謝」です。

次に「糖代謝異常」と診断された場合、どうすればいいのか?について、です。

まず、糖代謝異常の程度です。

軽い糖代謝異常ならば、食事を改める、運動等によって改善が期待できます。

この食事や運動による改善は、高血糖が進み、「糖尿病」と診断された場合でも必要です。

そして肥満の場合は減量による治療が加わります。

インスリン治療等の投薬治療と並行して必ず必要なのがこの食事の改善と運動です。

また、低血糖症の場合も食事などによって血糖値をコントロールすることが必要です。


糖質が正常に代謝されなくなる・・・

若い頃にはそんな事なかったのに、って思います。

年齢とともに起こってくる事なんですね。






ala 糖ダウン 効果口コミ 菊芋の効能効果 糖尿病 ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果効能

血糖値を食後に下げるには サイトマップ




posted by 椎名 at 23:57 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血糖値スパイクって?食後高血糖についての考え方。

健康診断では「血糖値は正常」と言われただけで安心、という訳ではないのが血糖値のややこしいところです。

血糖値を下げるには109.jpg


食後高血糖について「血糖値スパイク」という名前で生活習慣病に対するケアを促す事が話題になっています。

血糖値スバイク。血管が痛めつけられ、突然死やがん、認知症まで招いてしまう、という事のようです。

健康診断では見つかりにくい血糖値の異常があります。

「血糖値」は血液中を流れる糖分の量、一般的な健康診断の検査項目にも入っていますので身近な健康を知る数値です、

血糖値が一定値より高い状態が続く生活習慣病が「糖尿病」です。

ところが最近の研究で、糖尿病ではない、普段は正常だが、食後の短時間だけ”血糖値が急上昇する、という方が多い、との事です。

この状況が血糖値スパイク、食後高血糖です。

健康診断で正常と言われていた働き盛りの世代65人のうち、20人で血糖値スパイク、食後高血糖が起きている、とのデータがあります。

又、やせ型の20代女性の5人に1人に、血糖値スパイクが起きているというデータもあります。

そしてこの「血糖値スパイク」は「空腹時の血糖値」を調べる通常の健康診断などではなかなか見つけられないのです。

食後1〜2時間のうちに血糖値を調べない限り「血糖値スパイク」が起きていることはわかりづらいです。

以上、参照引用元はこちら


アラプラス糖ダウンのところでも触れました、食後高血糖、隠れ高血糖がテレビで取り上げられていたようで、そこから引用しました。

食後高血糖については、それなりの検査が必要ですが、実際自覚症状として食後過度に眠くなる、集中力がなくなる、というのがあります。

糖尿病までは行ってないけど、気を付けた方が良い、という感覚でしたがそういうものではないようです。

血糖値スパイクの考え方は、糖尿病にならなくても、他の病気を併発する可能性が高い、高血糖の存在を知っておいた方が良い、という事なのだと、個人的には理解しています。


⇒糖ダウン体験口コミについてはこちら



ala 糖ダウン 効果口コミ 菊芋の効能効果 糖尿病 ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果効能

血糖値を食後に下げるには サイトマップ





posted by 椎名 at 19:54 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血糖値を下げるにはどうしたらいですか?食事編

血糖値を下げる食べ物についてはこれまでも当ブログでは取り上げてきました。

ですので、運動編に続いて2回目、食事編では食事の種類よりも食事の仕方について、僕の経験から感想として書かせていただきます、ご了承くださいませ。

先ず痩せている人は、食べるスピードが遅い、という話し。

50代目前にして隠れ高血糖、中年太り、疲れやすい僕の食事を一言で言いますとは「飲み込む!」です。

噛んでいません・・・というか噛む!っていう行為はもはや練習しないとできませんでした、そうなってしまっていました。

血糖値を下げるには食事で。アラプラス糖ダウン効果口コミ


それでこのお腹、食べた後の眠気だるさ、です。

隠れ高血糖とは、機能性表示食品アラプラス糖ダウンの公式サイトにも説明がありますが、健康診断では一応正常、されど安心できず、気になる自覚症状がある方を指して言う場合もあります。

健康診断では食後血糖値を計らないので、健康診断で測定する空腹時血糖値が正常でも、食後に上昇した血糖値は戻りにくなっているケースがあります。

健康診断で異常が指摘されないので、「隠れ高血糖」と呼ばれています。

そういう事から、自分自身の事を隠れ高血糖なのかな・・・と思っている次第です。

というか、僕の場合健康診断の空腹時血糖値が高いので、医者にかかるように言われ、医者から薬による治療はまだ必要なし、食事と運動を・・・と言われたのですが。

それで、話を元に戻しまして、食べるのが早い、呑み込み、飲み込んでいるように食べる僕は、糖分を代謝する働きが著しく阻害されているように思います。

おまけにこの年齢。

消化吸収力も代謝力も両方弱ってきています。

そして、痩せている人は、僕がみていての感想ですが、とてもゆっくり噛みしめているかのように食べています。

食べる量が同じでも食べる時間は大きく差が付きます。

ストレスが多いと、食べる時間は短い、まさしくそれが僕です。

落ち着いている方は食べ方もゆっくり、体内の消化吸収力や代謝力が衰えてもそれを「食べ方」でカバーしています。

ですので、血糖値を下げるには、食事編では「ゆっくり噛みしめて、王様にように堂々と食べる」という事が必要なのでは、と思います。

糖ダウンを使ってみて、昼間の眠気や疲れやすさがマシになってきています。

糖ダウンはALAという成分を含み、ALAは糖の代謝を上げるサポートをする、と言われています。

中高年、中年太りの僕にとっては、思い当たる事が多く、納得してしまうそのメカニズムです。

そして個人的に効果あり、という口コミ、感想です。

それでも、食べるスピード、噛む回数も増やしていますから。

この機能性表示食品のサプリと食事の仕方の両面の結果で、良し!という感じでいます。


⇒糖ダウン体験口コミについてはこちら




ala 糖ダウン 効果口コミ 菊芋の効能効果 糖尿病 ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果効能










posted by 椎名 at 14:31 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血糖値下げるにはどうしたらいいですか?運動編

血糖値を下げる為に日々の生活で取り組んだ方が良い方法をカテゴリに分けるとするなら2つのカテゴリがあります。

血糖値を下げるには?カテゴリ1.運動、2.食事です。

今回は、血糖値を下げるには?運動についてです。

血糖値を下げるには、運動と食事で取り組める方法があり、糖尿病など生活習慣病予防に関しても重要です。体重も増え、カラダが重くなってしまって、内勤が長くなって筋力が落ちてきたら、なかなか激しい運動を長時間する事はできません。

健康に気を使わざる負えない状況になっているのですが、気分的にも運動なんて無理・・・運動に対して拒否反応を示してしまう、それがお腹がでてしまった中年男の現状です。

女性のダイエットでも「無理しないダイエット」「食べながらダイエット」みたいな「苦労」をしない方法が人気のようですが、その気持ちは大変よく分かりますね。

しかし、ウォーキングはやっています。

ただ歩くだけで、走ったりはしません・・・っていうか走る気力はありませんが、歩く、特に天気の良い日に歩くのは気分も良いです。

この事を同世代、もうすぐ50歳になる仲間に話すと、マラソン大会に出ているような毎週スポーツを欠かさない者からは大笑いされます。

でも、血糖値を下げるには、軽い運動で良い、むしろ軽い運動で継続する方が良い、と言われています。

有酸素運動であれば、血液中の糖分を燃やすので血糖値を下げる事になる、という仕組みです。

ALA アラによって代謝されにくくなった糖を燃焼させる事で血糖値を下げる事が期待されていて、個人的には効果を感じていますサプリ、糖ダウンのメカニズムと同じ内容です。

⇒糖ダウン体験口コミについてはこちら 

膝や腰を痛めている場合で歩くことができないのであれば、水泳やエアロバイクなど身体に負担をかけにくい運動で、とにかく「有酸素」な運動であれば良い、という事ですね。

運動の激しさや量よりも継続する事、最低週に3日〜5日ほどはやる方が良い、との事だそうです。

有酸素運動の効果が発揮されるのは運動開始から20分後といわれているので、30分〜1時間程度やれば良い事になります。

血糖値が高めと言われて、下げるには運動が良い、それも歩く程度で良いから軽めでも継続する方が良い・・・というのは僕には大変好都合です。

糖ダウンを始める前から続けている通勤時の「プチウォーキング」は良い結果を生んでいるようです。

糖尿病 血糖値を下げるには
血糖値を下げるには 食事
空腹時血糖値を下げるには
食後血糖値を下げるには
空腹時の血糖値を下げるには

ala 菊芋の効能効果 糖尿病 ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果効能


posted by 椎名 at 23:57 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血糖値は食後2時間の値にこだわる!?

血糖値が食後2時間で140mg/dlを上回る場合を「食後高血糖」としているようです。

食事の摂り過ぎや運動不足によって、インスリンの分泌量が減った、又はインシュリンの働きが悪くなった事が原因です。

血糖値が高い事には変わらないのですが、何故食後の血糖値を別に考えるのか?という事ですが、僕の解釈で恐縮ですが、食後2時間の値を目安として、食後に血糖値が高いと一日を通じて血糖値が高くなりやすくなる、つまり、高血糖、糖尿病への明確なサインになるから、と考えています。

血糖値,食後,下げる,2時間,満腹感,食事,方法,インスリン,インシュリン


主治医にも云われた事ですが、食後の血糖値だけを殊更に気にするのではなく、一日の生活全体を通して血糖値を下げるように、食事、運動、ストレスと生活習慣をケアすれば良い訳なのですが、
続きはこちらから。
posted by 椎名 at 11:19 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血糖値が高い事と便秘。

血糖値が高い事と便秘の関係は肥満や肝機能の時と同じで、お互いが相互に悪くしていきます。

血糖値が高い→便秘→さらに血糖値が高くなる・・・という悪循環になってしまうので、それを断ち切って、血糖値を下げていく事について書いています。

血糖値が高い,便秘,血糖値を下げるには,食後


●血糖値が高い→便秘になる

血糖値が高い状況では、体内に過剰にある糖分を尿とともに排出しようとすることによって、浸透圧の作用がはたらき、体内の水分が多くとられていきます。

これによって水分が少ない状態になり、便秘を起こしがちになってしまう、との事です。

又、血糖値が高い状況では、腸の運動が抑制されるために、腸の内容物が肛門へ移動せず、便秘となる、とも云われています。

実際僕の知り合いでも、糖尿病予備軍と云われていて血糖値が高い人のほとんどは便秘で悩まれていて、いろいろなサプリを試したり、食物繊維を多く摂る事に努めていたりしています。


スポンサードリンク




続きはこちらから。
posted by 椎名 at 22:34 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血糖値を下げる運動は食後にするのがより効果的です。

血糖値を下げるには運動をする、特にそのタイミングとして食後に運動する事が効果的です。

運動時には大量のエネルギーが筋肉で必要とされるため、そのもとになる血中のブドウ糖が大量に消費されますので血糖値を抑制するように働きます。

特に、食後30分から2時間の間に運動をすることにより、食事による急激な血糖の上昇(食後高血糖)を抑える効果があります。

血糖値が高い場合は、適度な運動をする事をオススメします。

血糖値を下げる運動の効果は食後に.jpg



続きはこちらから。
posted by 椎名 at 23:10 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血糖値と肥満のメカニズム

血糖値と肥満の関係、血糖値が高くなる事と肥満になるメカニズムについて調べてみました。

血糖値を下げるには、この両者の関係について理解する事が重要だ、と考えています。


血糖値,肥満,関係,メカニズム,血糖値を下げるには,食後


とはいえ、いろいろ調べていくと血糖値→肥満なのか、肥満→血糖値なのかよく分からなくなってきました。

そこで、血糖値が高いから肥満になる、というメカニズムと肥満だから血糖値が高くなる、というメカニズムを分けて書かせていただきます。

続きはこちらから。
posted by 椎名 at 23:04 | 血糖値を食後に下げるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする