乳酸菌生産物質とポリフェノール乳酸菌サプリについて

乳酸菌生産物質とは、『乳酸菌が腸の中で生み出す物質』のことです。

乳酸菌生産物質は乳酸菌が発酵し熟成する時に、作り出して分泌する物質で、腸内環境を整え、便通の改善などの効果が期待できるのは「乳酸菌」ではなく「乳酸菌生産物質」によるもの、とされています。

又非常にシンプルに言えば、下記のようになります。


  • 乳酸菌は生きた菌ので腸内を通過してしまう為に、体内に定着しにくい、効果が期待できない

  • 乳酸菌生産物質は生きた菌ではないので、体内に定着しやすく、効果も期待できる

  • 乳酸菌生産物質は、生きた菌ではありません。



その為、体内に定着しやすく、乳酸菌生産物質を摂ることで、腸内環境も改善しつつ、有用成分がダイレクトに体内に吸収される、と云われています。

一方乳酸菌は生きている菌ですので、腸内で増殖・定着することがなかなか難しいと言われています。

では、糖ブログでご紹介しています乳酸菌生産物質のサプリメント「ポリフェノール乳酸菌生産物質」の特長は下記のようになります。


  • 糖尿病や生活習慣病の改善を腸内環境を改善する事で進めて行こう、とする健康食品

  • 腸内環境改善でより有効とされています「乳酸菌生産物質」が成分

  • 抗酸化作用に優れているとされているポリフェノールも成分

  • ポリフェノールが乳酸菌の発酵パワーでより効率的により効果的に吸収される

  • 食事制限を緩めることができた、という個人的な効果の口コミが多いサプリメント



その他「ポリフェノール乳酸菌生産物質は血糖値上昇の抑制や糖の分解酵素の役割を抑制(糖の吸収を抑える)効果が期待される」という学会発表があります。

腸内でより効果が期待できる乳酸菌生産物質とポリフェノールが融合する事で、より的確な腸内環境の改善が期待できるサプリメントです。

そして腸内環境の改善と維持こそ、生活習慣病の改善に必要な大きな要素です。


ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果効能







ala 糖ダウン 効果口コミ 菊芋の効能効果 糖尿病 糖ダウン体験口コミ

血糖値を食後に下げるには サイトマップ





糖尿病の食事制限がつらい、ポリフェノール乳酸菌生産物質

ポリフェノール乳酸菌生産物質を摂る事で効果を実感されている、という口コミをよく見るようになりました。

糖尿病の食事制限や糖質制限がつらい、というその気持ちは長年インスリン治療を続ける家族を見ていてよく分かりますし、家族もなんとも言えない気持ちになります。

これまでも書いてきましたが、糖尿病は「上手く付き合っていく」という側面がありまして、大きな不安やストレスとはできるだけ無縁に着実に日々治療を続けていく必要があります。

僕は医者でも医療関係者でもありませんが、長年診察や検査に付き合っていてホント、そう思っています。

ところが、「家族と一緒の食事ができない」という事実自体を自分の健康に対する自信を失わせる、不安を余計に煽る、という事になってしまいます。

ですので、例えばサプリメント、従来の糖尿病治療と併用できる自然食品系の栄養補助食品系サプリ等で血糖値の安定や食後高血糖の改善がを感じたとすれば、

本人にとっては、自分の健康、将来への健康に関する大きな自信になります。

これが、とても大きい、特に糖尿病、生活習慣病でも治療や療養においては特に重要なのでは?と思っております。

自分の健康、将来への健康への余計な心配やストレスを取り除く、

この事が血糖値の数値面に影響する、とよく言われている事ですし、学術的根拠は分かりませんが実際の事として、家族の状況でそれを経験しています。

そして自分の健康を自ら改善したその自信とその自分へのご褒美として家族と同じ、少し食事制限を緩めた食事を一緒にできる・・・

それは、とっても良い事、素晴らしい事だと思います。

糖尿病の食事制限がつらい、ポリフェノール乳酸菌生産物質


ポリフェノール乳酸菌生産物質は、そういった状況、個人的に効果を感じられた方や、それを見ていて大変喜んでいる家族の口コミが多くなってきました。

ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリの特長

1.乳酸菌生産物質は生きた乳酸菌より腸内に定着しやすく腸内環境改善により期待できる

2.高血糖等の生活習慣病は腸内環境を整える事が何より一番大事、その点でポリフェノール乳酸菌生産物質はとても期待できる

3.ポリフェノール乳酸菌生産物質は体内への吸収力が高く、ポリフェノールの抗酸化作用等の効果がより発揮されやすい

4.ポリフェノール乳酸菌生産物質は血糖値上昇の抑制や糖の分解酵素の役割を抑制(糖の吸収を抑える)効果が期待される、という学会発表がある

5.糖質吸収制限に期待されているペトラウメカ葉エキスも配合されている

6.タブレット状で乳酸菌の数も多く手軽に摂れて簡単に続けられる


糖尿病の食事制限がつらい、ポリフェノール乳酸菌生産物質














乳酸菌生産物質のサプリにポリフェノールが加わるとその効果は?

乳酸菌生産物質は、これまで善玉菌を活性化させるとされてきた

生きた乳酸菌より、善玉菌として腸内で定着しやすく、

腸内環境の改善により効果がある、とされています。

腸内環境の改善こそが、糖尿病や血糖値等の生活習慣病の改善に繋がる、

とされており、その中でも

ポリフェノール乳酸菌生産物質のサプリが大変注目されています。



ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値とポリフェノール,血糖値と乳酸菌,血糖値を下げるには,乳酸菌発酵ぶどう,乳酸菌生産物質,効能効果,口コミ,糖尿病,腸内環境改善,サプリメント


●ポリフェノールが加わるとどんな効果が期待できるのか?

本来体内で吸収されにくいぶどうの種皮にある、

アントシアニンやレスベラトロールといった

ポリフェノールが乳酸菌の発酵の力を借りて、中高年にも吸収されやすくなった、

という事です。

抗酸化作用で、生活習慣病の改善にも期待されてるポリフェノールですが、

普通にぶどうを食べても、種や皮の有用成分は、

体内ではほとんど消化されずに排泄されてしまうので、

効率良く摂取するのに、より中高年にも効果が期待できる、

ポリフェノールが乳酸菌生産物質と一緒になっている

サプリメント、という事です。

●植物インシュリンと呼ばれるペトラウメカを配合

血糖値を下げる、安定させる事への効果が期待されています、

南米アマゾン原産、厳選した品質のペトラウメカ葉エキスが配合されてます。


以上3点がこのサプリの他社にはない特長で、

食事制限なしに、家族と食事ができるようになってきた・・・という

糖尿病治療に取り組まれている方や、

その方を見守る家族にとって、とても嬉しい口コミが見られます。

ポリフェノール乳酸菌生産物質の図、ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値とポリフェノール,血糖値と乳酸菌,血糖値を下げるには,乳酸菌発酵ぶどう,乳酸菌生産物質,効能効果,口コミ,糖尿病,腸内環境改善,サプリメント







⇒ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果効能

⇒乳酸菌生産物質の効果と血糖値、サプリ口コミ

血糖値を食後に下げるには?-サイトマップ
血糖値を食後に下げるには?-Home



ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリで食事制限なし生活へ

ポリフェノール乳酸菌物質サプリを摂りだしてから、

食事制限や糖質制限をしなくても血糖値が安定するようになった、

という口コミはやっぱり注目してしまいます。

家族に糖尿病治療中の者がいて、自分もその予備軍で

その状況をリアルに感じて、将来が不安になって・・・

という想いを経験されている方にとって、

好きなものを気にせず食べられる、

という事がどんなに良い事か・・・ってよく分かられるのではないでしょうか?

これまで書かせていただきました、

ポリフェノール乳酸菌生産物質と腸内環境の改善、

そして糖尿病等の生活習慣病との関連について

再度まとめてみました。


●腸内の環境に影響する4つの要因

ストレスや、高脂質で添加物の多い食事、不規則な生活、加齢の4つと云われています。

出典→ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリメント
ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値とポリフェノール,血糖値と乳酸菌,血糖値を下げるには,乳酸菌発酵ぶどう,乳酸菌生産物質,効能効果,口コミ,糖尿病,腸内環境改善,サプリメント

●腸内環境と生活習慣病の密接な関係

肥満や便秘は腸内環境が悪化している状態で起こります。

そして、肥満や便秘は糖尿病等の生活習慣病と密接な関係にあります。

ですので、腸内環境の改善は、生活習慣病の改善ととても密接な関係あります。

言い換えれば、

糖尿病の人や血糖値が気になる人は、

血糖値対策と同時に、肥満や便秘の改善にも取り組む必要がある、という事になります。

●腸内環境を改善し生活習慣病対策になるポリフェノール乳酸菌生産物質とは?

ポリフェノール乳酸菌生産物質は、

ぶどうの果皮や種に乳酸菌を加え発酵させたもの、です。

1.生きた乳酸菌ではなく乳酸菌生産物質を多く含む

最近の研究では、生きた乳酸菌は

そのまま腸内細菌として定着することは難しい、とされています。

ポリフェノール乳酸菌生産物質には、

生きた乳酸菌よりも、

死んだ菌や発酵過程で新たに作り出される

「乳酸菌生産物質」

(オリゴ糖、有機酸、アミノ酸、ペプチドなど)が、

多く含まれ、その体内への定着力の良さから、

腸内の善玉菌を活性化させたり、

免疫力の増強に直接働いたりして、

腸内環境の改善により効果を発揮する、と云われています。

2.ポリフェノールの成分がより体内に吸収されやすい

普通にぶどうを食べても、

種や皮は体内ではほとんど消化されずに排泄されてしまうのですが、

乳酸菌で発酵させる事によって、

より体内に吸収されやすくなる、という事です。

ぶどうの種皮には、アントシアニンやレスベラトロール等、

活性酸素を消去する抗酸作用に優れたたポリフェノールが

多く含まれています。

●まとめ

ポリフェノール乳酸菌生産物質は、

腸内環境の改善に効果を発揮する乳酸菌生産物質が多く、

ポリフェノールも吸収されやすくなっているので、

生活習慣病、糖尿病の改善に効果が期待されていて、

食後血糖値や糖分を分解する酵素に関しての効果の研究発表は

下記の図の通りです。

ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値とポリフェノール,血糖値と乳酸菌,血糖値を下げるには,乳酸菌発酵ぶどう,乳酸菌生産物質,効能効果,口コミ,糖尿病,腸内環境改善,サプリメント


ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値とポリフェノール,血糖値と乳酸菌,血糖値を下げるには,乳酸菌発酵ぶどう,乳酸菌生産物質,効能効果,口コミ,糖尿病,腸内環境改善,サプリメント



出典→ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリメント
ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値とポリフェノール,血糖値と乳酸菌,血糖値を下げるには,乳酸菌発酵ぶどう,乳酸菌生産物質,効能効果,口コミ,糖尿病,腸内環境改善,サプリメント

それで、冒頭のポリフェノール乳酸菌生産物質サプリを

使用している方の口コミの話に戻るのですが、


糖尿病の病状や高血糖は、

日々の不安からくるストレスに大きく影響します。

食事を我慢する事によって感じる自分の健康への自己嫌悪、

このままの状況がずっと続く、という閉塞感からの自信喪失等

これらのストレスや落ち込んだ気分が、病状に大きく影響する事は、

長年糖尿病治療を続ける家族の傍にいて、

実際に経験してきた事です。

ですから、

ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリを使って経験した効果は、

自分の健康への自信を回復させて、

家族と一緒に同じ者を食べた、という達成感からくる、

ストレスからの解放がとっても良い変化をもたらしたのでは?

と思います。

使われた方の口コミをみていて、

このようなタブレットやサプリが

糖尿病を治療したりするもではない、と思いますが

それを使って体験した効果が

治療者本人の健康に対する自信を取り戻させ、

家族との同じ食卓での食事が晴れ晴れしい気分にさせて、

より前向きに糖尿病治療や高血糖治療に臨む事で、

さらに良い方向へと改善されていく・・・

という好循環を生む事に対しての、

ポリフェノール乳酸菌生産物資サプリの意義や効果は

大変大きいのでは?と思いました。














ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果効能


血糖値を食後に下げるには?-サイトマップ
血糖値を食後に下げるには?-Home

ポリフェノール乳酸菌生産物質とは?

ポリフェノール乳酸菌生産物質とは?と調べていく上で「ポリフェノール乳酸菌発酵ぶどう」と「乳酸菌生産物質」の両方を先ず理解する必要がある、と僕は思いました。

●ポリフェノール乳酸菌発酵ぶどうとは?

ぶどうの果皮や種に乳酸菌を加え、発酵させたもの。

乳酸菌は、人体の消化管内に生息して、腸の働きを高める「善玉菌」の代表として知られています。

●乳酸菌生産物質とは?


主にビフィズス菌や乳酸菌等の善玉菌等が、毎日作り出している大切な物質のことです。

乳酸菌生産物質は「乳酸菌代謝産物」とも言われ、腸内細菌のバランスを正常に保持し免疫等に関与して、ヒトの健康を維持するのにとってお大きな役割を果てしています。

と、以上の2点の事から「ポリフェノール乳酸菌生産物質」とは、

ぶどうの果皮や種に乳酸菌を加え、発酵させる(ポリフェノール乳酸菌発酵ぶどう)過程で、生成される代謝産物

と僕は理解しています。

実際はもっと複雑な話なのでしょうが、僕の精一杯の上記理解で先ずは良いのでは?と考えております。


で、ポリフェノール乳酸菌生産物質が期待される効果は?という事なのですが、これもあくまで僕の理解で恐縮ですが、シンプルに書かせていただきます。

●生きた乳酸菌よりポリフェノール乳酸菌生産物質の方が腸内に定着しやすい

つまり、乳酸菌よりも腸内環境の改善や免疫力の増強に効果が期待される、という事です。

●ぶどうの種皮に含まれる有効成分が、生のブドウの種皮より体内に吸収されやすい

乳酸菌の発酵パワーによって、大変吸収されやすくなっている、との事です。

種や皮は体内でほとんど消化されずに排泄されてしまうのに比較して、

アントシアニンやレスベラトロールといったポリフェノールが吸収されやすい、と考えられます。


ポリフェノールの抗酸化作用による血糖値を下げるのに期待される効果については結構良く知られている事ですね。

それが、非常に体内に吸収されやすくなっているのがポリフェノール乳酸菌生産物質、と僕は理解しています。


【まとめ】

ポリフェノール乳酸菌生産物質は、

乳酸菌に期待される効果とポリフェノールに期待される効果の両方を持ちあわせており、

更に体内に定着しやすく、体内に吸収されやすくなったもの


ポリフェノール乳酸菌生産物質,乳酸菌発酵ぶどう,乳酸菌生産物質とは,血糖値を下げるには,効果,善玉菌







乳酸菌生産物質サプリメント 効果 口コミ  ポリフェノール乳酸菌生産物質 効果効能 血糖値  イヌリン 効果効能 糖尿病

サイトマップ-血糖値を食後に下げるには?

トップページ-血糖値を食後に下げるには?
続きはこちらから。

ポリフェノール乳酸菌生産物質がサプリになるとどうなのか?

ポリフェノール乳酸菌生産物質のサプリメントが粉末状ではなくタブレットとして発売され、さらにその効果効能が期待されます。

乳酸菌生産物質はドリンクのものが一番多かったように思いますが、タブレット状になった事でさらに飲みやすくなった、と感じる方も多いのでは?と思っています。

ポリフェノール乳酸菌生産物質,サプリメント,タブレット,効能,効果,乳酸菌生産物質,乳酸菌発酵ぶどう,ペトラウメカ,植物インシュリン,生活習慣病,肥満,便秘,血糖値を下げる,高血糖,免疫力低下,糖尿病,食事制限


さて、ポリフェノール乳酸菌生産物質タブレット状のサプリの特長とは?

ポリフェノールの吸収力が高い

乳酸菌発酵ぶどうであるポリフェノール乳酸菌生産物質は、生のブドウより20倍ぐらい高いようで、ポリフェノールの効果効能が期待されます。

ペトラウメカ葉エキスが配合されている

ペトラウメカは別名「植物インシュリン」と呼ばれ、糖質吸収阻害成分として知られています。

乳酸菌の数が圧倒的に多くなった

ドリンクからタブレットにする事で、乳酸菌の数を多くすることができた、との事です。

以上3点が挙げられます。


ポリフェノール乳酸菌生産物質が血糖値を下げる、他生活習慣病全般の改善に期待される事について大変分かりやすい図がありました、下記の通りです。

引用元→http://nyusankin.ws21.jp/3-set-pitari.html

ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果,ポリフェノール乳酸菌生産物質,サプリメント,タブレット,効能,効果,乳酸菌生産物質,乳酸菌発酵ぶどう,ペトラウメカ,植物インシュリン,生活習慣病,肥満,便秘,血糖値を下げる,高血糖,免疫力低下,糖尿病,食事制限


当ブログでは、善玉菌を増やす事によって、肥満や便秘等が改善されていく事と同時並行で血糖値が下がる、抑制される効果が期待できる、と僕の解釈を書かせていただいおります。

高血糖や肥満や便秘や免疫力低下は、それぞれ単独ではなく、全体で改善していく事が効果が大きいのでは?と考えています。


その事をシンプルに説明した図だと思っています。

【では、何故善玉菌が増えるのか?】

ポリフェノール乳酸菌生産物質は「乳酸菌発酵ぶどう」の事で、乳酸菌が増殖する過程に作り出される代謝産物である



つまり生きている菌ではない!



生きている乳酸菌は実は、胃液や胆汁などの酸に弱いため腸に届く前に多くが死んでしまう



それに比較して、生きた菌ではないポリフェノール乳酸菌生産物質は腸に届く



又、腸内に元々あった乳酸菌(善玉菌)を増殖させる


以上のように僕は理解しています。


さて、高血糖や糖尿病の治療から薬を飲んでらっしゃる方も多い、と思いますが、

【処方薬と併用できる】

これは、ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリが消化吸収を良する為のもので、薬ではない事から僕は大変納得しています。


ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリを習慣として摂取する事によって、善玉菌が多く存在する腸内環境の体質を創ることによって、

食事制限なしで、

好きなものを、

皆と同じ食事を皆で食べることができる・・・



そんな効果が期待できる、という事のようです。







サイトマップ-血糖値を食後に下げるには?

トップページ-血糖値を食後に下げるには?

ポリフェノール乳酸菌生産物質 効果効能 血糖値

イヌリン 効果効能 糖尿病

菌活するなら【天然美通】ポリフェノール乳酸菌生産物質,サプリメント,タブレット,効能,効果,乳酸菌生産物質,乳酸菌発酵ぶどう,ペトラウメカ,植物インシュリン,生活習慣病,肥満,便秘,血糖値を下げる,高血糖,免疫力低下,糖尿病,食事制限



ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリのポリフェノールと血糖値って?

ポリフェノールが血糖値を下げる、といわれる効果効能についてまとめてみました。

ポリフェノールには抗酸化作用や抗菌作用、ストレス抑制、血圧降下作用、肝機能の向上、女性ホルモンバランスの調整などにも関係しているといわれています。

ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値を下げる,効果,効能,血糖値,ポリフェノール,血糖値を下げる食品,ブドウ,血糖値を下げるには,サプリメント,タブレット,糖質制限,食事制限


中でも糖質の吸収抑制効果もあるといわれ、この働きが血糖値を下げることに関係しているとされています。

参考、出典→http://www.kettouchi.info/porifeno-ru.html

ポリフェノールの種類にはイソフラボンやカテキン、アントシアニンなどはあります。



●カテキン

カテキンは活性酸素の消去やコレステロールの上昇を抑える作用があるともいわれており、緑茶やウーロン茶、紅茶等に含まれています。

僕は30代の頃発売されたペットボトルのカテキン緑茶にいち早くとびつき、で脂肪を燃焼してきた・・・正確には脂肪を燃焼し痩せた気になっていた経験があります。

実際はそんなに効果がなかったのですが、運動をして汗をかいた後に冷えたカテキン緑茶を飲むと、体重も少しだけ減っていたような記憶もありますし、何よりカテキンの効果なのか?ご飯の食べる量が自然に減っていた、それぐらい満腹感を早く感じるためのものでありました、

では何故、効果がなかったのか?なのですが、当時は今ほど切迫した感じではなかったので、カテキンで安心して爆食いしていたからです(笑)。

●アントシアニン

抗酸化物質であり、血液浄化や目の疲れに関係すると云われており、ブルーベリーやイチゴ、ブドウ、黒ゴマなどに含まれています。

●クロロゲン酸

ダイエットコーヒーで知られているポリフェノールの一種で、これも血糖値を安定させる効果があるといわれています。

ポリフェノールが注目されるようになったのは、フランス人の死亡率の話から、との事です。

参考、出典→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1237584592

フランス人は脂肪分(動物性脂肪やチーズなど)を多く摂取しているにもかかわらず心臓病、脳梗塞や動脈硬化で死亡する率が低い事からフランス人に馴染み深いワインが注目され、その中の成分であるポリフェノールが動脈硬化などに効果があると発表されたから。


血糖値を下げるには、ポリフェノールの中でもアントシアニン、ブドウが一番効果期待できそうです。

さて、ポリフェノール乳酸菌生産物質サプリメント(タブレット)。

血糖値を下げる効果が期待できるブドウのポリフェノールを吸収しやすくしており、

乳酸菌生産物質は乳酸菌より腸に定着しやすく腸内環境の改善に効果が期待され、

腸内環境の改善は血糖値を下げる事為に不可欠な要素で、同時並行で進めて効果を大きくする、

と僕は理解しています。

もう若い時みたいに爆食い、爆飲みはしませんが、食事制限や糖質制限の頻度は下げて、好きな物を食べていきたいですから、ね。



ポリフェノール乳酸菌生産物質,血糖値を下げる,効果,効能,血糖値,ポリフェノール,血糖値を下げる食品,ブドウ,血糖値を下げるには,サプリメント,タブレット,糖質制限,食事制限







ポリフェノール乳酸菌生産物質

サイトマップ-血糖値を食後に下げるには?

トップページ-血糖値を食後に下げるには?

ポリフェノール乳酸菌生産物質 効果効能 血糖値

イヌリン 効果効能 糖尿病

菊芋の効能効果 糖尿病

続きはこちらから。

血糖値を下げるにはポリフェノール乳酸菌はハズせない!

血糖値を下げるには、乳酸菌の力を借りる事は絶対にハズせません。

血糖値が高くなる原因・・・偏った食生活、運動不足、ストレス等は全て腸内環境を悪くする、腸の動きや機能を悪くする事と繋がっています。

血糖値が高くなる=腸内環境が悪くなる、という理解の仕方が実は血糖値を下げる、高血糖を改善する事に直結する、と思っています。

血糖値と乳酸菌,血糖値を下げるには,乳酸菌,血糖値を下げる,血糖値が高くなる,腸内環境,高血糖,ヨーグルト,悪玉菌,善玉菌,肥満,便秘,乳酸菌生産物質,ポリフェノール乳酸菌生産物質,サプリメント


腸内環境が悪くなると、悪玉菌が増加し、ブドウ糖がうまく体内に吸収されず、血糖値が上がる、

というのがもっともシンプルで理解しやすい内容です。

このシンプルな事を踏まえて、肥満や便秘も腸内環境を悪くしている、事も合わせて考えれば、高血糖と肥満&便秘の密接な関係もスンナリ理解できます。

で、逆にして考えると、

血糖値を下げる=腸内環境を改善する=善玉菌を増やす

と、これまた大変シンプルに「血糖値を下げるには?」の解答が出てくるのではないでしょうか?

そこで、乳酸菌、です。善玉菌を増やす、乳酸菌です。

以下、下記を参考、引用させていただきました。

http://www.seikatsu-kojo.jp/column/detail.php?colNo=000190

●乳酸菌の主な働き・・・善玉菌を増やして腸内環境を改善する

・ 食物の消化を助ける
・ 免疫力の向上
・ 細菌やウイルスからの感染症を予防
・ 食物アレルギーの改善
・ がん予防
・ コレステロールの抑制

●乳酸菌が多く含まれている食品・・・ヨーグルト、チーズ、キムチ等

【まとめ】
血糖値を下げるには、乳酸菌を効率よく継続して摂取することが効果的。


さて、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の多くは、腸に届くまでには死滅してしまうそうです。

腸までしっかり届いて定着しなければ意味がありません。


そこで乳酸菌生産物質が注目されています。

発酵過程で新たに作り出されたものの総称である「乳酸菌生産物質」(オリゴ糖、有機酸、アミノ酸、ペプチドなど)は、乳酸菌よりも効果が高いことが明らかになってきました。

乳酸菌をがそのまま腸内細菌として定着することは難しく、乳酸菌生産物質のほうが、腸内の善玉菌を活性化させたり、免疫力の増強に直接働いたりして、腸内環境の改善に効果を発揮する、という事です。

又乳酸菌生産物質のサプリメント(タブレット)は、ドリンクよりも乳酸菌が凝縮されており、効率的に摂取できるようになっています。

ですので【まとめ】は、
血糖値を下げるには、乳酸菌生産物質サプリメントを継続して摂取することが効果的。


と僕は理解しています。

参考、出典⇒ポリフェノール乳酸菌生産物質
血糖値と乳酸菌,血糖値を下げるには,乳酸菌,血糖値を下げる,血糖値が高くなる,腸内環境,高血糖,ヨーグルト,悪玉菌,善玉菌,肥満,便秘,乳酸菌生産物質,ポリフェノール乳酸菌生産物質,サプリメント






サイトマップ-血糖値を食後に下げるには?

トップページ-血糖値を食後に下げるには?

ポリフェノール乳酸菌生産物質 効果効能 血糖値

イヌリン 効果効能 糖尿病

菊芋の効能効果 糖尿病


続きはこちらから。

血糖値が高い事と免疫力の低下とポリフェノール乳酸菌生産物質。

血糖値が高い事と免疫力の低下の関係ですが、免疫力が高まるとインスリンの分泌も正常になりその効果も大きくなるために、血糖が取り込まれ自然と血糖値が低下しく、との事です。

出典→http://tohkohen.hustle.ne.jp/kaizen/kinousei.html

そもそも免疫力の低下の一番の原因は食生活、食事のバランスが崩れる事です。

体を維持していく最低限度のエネルギーやアミノ酸などの各種栄養素が不足している場合や、

栄養バランスが悪い場合、特に免疫力の維持に不可欠なビタミン、ミネラルの摂取不足、

そして、

脂肪の摂り過ぎや肥満も、免疫力を低下させる大きな原因となります。

出典→http://seikatsu-kaizen.net/cause/menekiryoku.html

血糖値が高い,免疫力低下,血糖値を下げるには,肥満,便秘,原因,サプリ,ポリフェノール乳酸菌生産物質




肥満や便秘が悪玉菌が腸内に増える事になり、それによって白血球が減少し、免疫力が低下する、と当ブログでは何度も書かせていただきました。

そして、免疫力の低下がインシュリンの働きを弱めて血糖値を高くする事に大きく関係する、という事になりますと、

血糖値を下げるには、免疫力を高める事が必要、という事になります。

乳酸菌等によって、腸内環境を改善する事は、肥満や便秘の解消に繋がると同時に免疫力を高める事に繋がります。

そして、ポリフェノール乳酸菌生産物質は乳酸菌、いやそれ以上に腸内環境改善に効果を発揮して、同時にポリフェノールが持つ血糖値を下げる効果がある、と云われています。

一石二鳥というか、血糖値を下げるのに不可欠な2つの事が同時並行で進めていける、という事になります。



血糖値が高い,免疫力低下,血糖値を下げるには,肥満,便秘,原因,サプリ,ポリフェノール乳酸菌生産物質


僕の事で恐縮ですが、血糖値が高いので要注意と云われた時の血液検査の結果とその前後の症状はこんな感じでした。

●コレステロール、中性脂肪が高い

●肥満、体重も腹囲もオーバーでメタボ

●とにかく便秘、出そうで出ない、お腹がとてもキモチ悪い

●下痢と便秘を繰り返す

●白血球が少ない

●とっても、とっても疲れやすい

●風邪をひきやすい、なおりにくい


最悪でしょう?もっと元気だったですよ、病気知らずで。

こんな最悪な状況で「・・・血糖値も高くなって、両親共に糖尿病でしたら遺伝する可能性が高く・・・」なんて云われもんですから、そりゃあヘコミましたよ。

元々、肥満解消にいろんなサプリを使っていました。

それなりに効果があり、便が柔らかく出やすくなったりするのですが、お腹の張りや出そうで出ない感は治まりはしません。

肥満や便秘解消単独の改善策だったのでは?と今は思っています。

免疫力が低下したままなのでは?って思う訳なのです。

今振り返って、腸内環境の改善、という視点ではなかった、と強く思っています。

ですので、血糖値を下げる事に直結する腸内環境の改善と、血糖値を下げる方向にあるものの2つを同時並行で進める事ができる、ポリフェノール乳酸菌生産物質の話には、これまでの経験や経緯から大変興味があります。

食事制限、糖質制限はやっているつもりですが、その頻度や程度が減らせるのでは?

たまには好きな物を好きなだけだべる時があっても、血糖値を下げる方向で、血糖値と上手く付き合っていけるのかなぁ・・・って期待する訳なのです。


⇒ポリフェノル乳酸菌生産物質サプリについて。
血糖値が高い,免疫力低下,血糖値を下げるには,肥満,便秘,原因,サプリ,ポリフェノール乳酸菌生産物質






【関連記事】

サイトマップ-血糖値を食後に下げるには?

トップページ-血糖値を食後に下げるには?

ポリフェノール乳酸菌生産物質 効果効能 血糖値

イヌリン 効果効能 糖尿病

菊芋の効能効果 糖尿病

血糖値を下げるには、腸内環境の改善が必須。

血糖値を下げるには、肥満や便秘を解消し腸内環境の改善が同時に必要、

高血圧、肥満、便秘は三つ巴で同時並行で改善していく事が大変重要です。

ポリフェノール乳酸菌生産物質物質.png


●一言で云うと何故三つ巴で改善していく事が重要なのか?



肥満や便秘の解消、つまり腸内環境を改善するという事は善玉菌を増やす事です。

善玉菌が増えると血液がサラサラになっていきます。

血液がサラサラになりますと血糖値が下がる傾向になります。

血液がサラサラになった状態では白血球を増えますので、免疫力が高まります。

免疫力が高まった状態では血糖値は下がる傾向になります。


以上のように書かせていただきましたが、血糖値と腸内環境が密接に関連しているのがお分かりいただけますでしょうか?

どちらかだけが改善されれば良い、というのではなくどちらも同時に改善していく必要があります。


●バランスの崩れた悪化した腸内環境とはどんな状態?


悪玉菌が多くその影響で血液が汚れドロドロの状態になっています。

同時に白血球数が減少しており免疫力が低下しています。

つまり、血圧が高くなり血糖値も高い状況を作りだしています。

善玉菌が多く腸内環境が良い状態の時と同じで、血糖値と腸内環境が密接に関係している事になります。


●ポリフェノール乳酸菌生産物質が何故良いのか?


ポリフェノール乳酸菌生産物質は、血糖値と肥満や便秘などの腸内環境の両方の改善を同時並行で大きく助けるものです。

ポリフェノール乳酸菌生産物質は、生きた乳酸菌ではありません。

しかし、発酵過程で新たに作り出されたさまざまな「乳酸菌生産物質」(オリゴ糖、有機酸、アミノ酸、ペプチドなど)が豊富に含まれています。

そして最近の研究では、生きた乳酸菌を摂るよりも乳酸菌生産物質を摂るほうが、腸内の善玉菌を活性化させたり、免疫力の増強に直接働いたりして、腸内環境の改善に効果を発揮する、とされています。

乳酸菌生産物質の方が腸内細菌として定着する、と云われています。

又ポリフェノール乳酸菌生産物質はポリフェノールが体内に吸収されやすくなっています。

ブドウの皮には本来ポリフェノールが多く含まれているのですが、種や皮が体内ではほとんど消化されずに排泄されてしまうのと比較して、

ポリフェノール乳酸菌生産物質はポリフェノールの吸収率が生のぶどうの果皮と比べて30倍以上もアップする、と云われています。


●まとめ

ポリフェノール乳酸菌生産物質は、善玉菌を増やし腸内に定着しやすく、又ポリフェノールの吸収率も高くなるため、血糖値を下げること肥満や便秘などの腸内環境を改善する事を同時並行で進めていく、と説明されています。




【関連記事】

サイトマップ-血糖値を食後に下げるには?

トップページ-血糖値を食後に下げるには?

ポリフェノール乳酸菌生産物質 効果効能 血糖値

イヌリン 効果効能 糖尿病

菊芋の効能効果 糖尿病

ポリフェノール乳酸菌のタブレットで食事制限から解放される!?

血糖値を、好きなものを食べながら下げる、抑える事ができて、食後の数値の心配もいらなくなる!?ポリフェノール乳酸菌タブレット(サプリ)をご紹介します。

食事制限糖質制限で家族と同じ食事ができずに辛い想いをされている方は多いのではないでしょうか?

ポリフェノール乳酸菌タブレットにはボリフェノール乳酸菌生産物質を成分としているものです。

家族と一緒に同じメニューの食事を楽しむ事ができるようになった!

夫婦水入らずで温泉旅行に行けるようになった!

体型も良くなり、大好きだったゴルフが又できるようになった!

と口コミ評価の高い、サプリメントです。




血糖値,食後,下げる,サプリメント,食事制限,糖質制限 ボリフェノール乳酸菌生産物質,タブレット



●ポリフェノール乳酸菌生産物質は食後の糖の数値の上昇を緩やかにする

ポリフェノール乳酸菌生産物質には、生きた乳酸菌は含まれずに

発酵過程でオリゴ糖、有機酸、アミノ酸、ペプチドなどの「乳酸菌生産物質」が豊富に含まれており、

腸内細菌として腸内に定着しずらい「生きた乳酸菌」に比較して、「乳酸菌生産物質」は、

腸内の善玉菌を活性化させたり、免疫力の増強に直接働いたりして、腸内環境の改善に効果を発揮し、

実は効果が高い、と最近の研究での発表があります。

又、ポリフェノール乳酸菌生産物質は、ぶどうの種皮に含まれる

ポリフェノール(活性酸素を消去する抗酸化作用に優れた物質)が、

乳酸菌の発酵パワーにより、体内に吸収されやすい、

普通にぶどうを食べても、種や皮は体内ではほとんど消化されずに排泄されてしまうのですが、

吸収力が、生のぶどうの果皮と比べて30倍以上もアップする・・・という事です。

●ポリフェノール乳酸菌生産物質はポリフェノールの吸収量を高める

糖質を気にされる方向けの成分(植物インシュリン)の配合量は従来の3倍

●タブレット状である為乳酸菌の数が1mgあたり3000億個と大幅増量

ヨーグルト等の加工食品の約1000倍

つまり@乳酸菌生産物質A低分子ポリフェノールB植物インシュリンの3代成分が大幅アップで凝縮されているが為に

血糖値を下げて、食後に数値を気にしなくて良い生活になる効果が期待され、又口コミ評価も高くなっている、という事です。

家族と一緒に同じメニューの食事を楽しむ事ができるようになった!

夫婦水入らずで温泉旅行に行けるようになった!

体型も良くなり、大好きだったゴルフが又できるようになった!

血糖値,食後,下げる,サプリメント,食事制限,糖質制限 ボリフェノール乳酸菌生産物質,タブレット








菊芋の効能効果 糖尿病